関東在住の方でもあり、身体詩ワークショップやラフターヨガにも興味をもってくれたようなので、あるいは今後参加して下さるかもしれない・・と密かに期待している。

さてこのMさんは、ラマナ・アルナーチャラについて特に関心があったわけではなく、スピリチュアル関係にもあんまり深入りしてはいないようだ。

ただここ数年で度重なった交通事故の後遺症などによる身体的な不調をどうにかしたい・・という希求から、あれこれの(治療目的の)身体的ワークに通っている内にスピ関係者ともご縁が出来てきて、その流れでTさんと関係ができて今回アルナーチャラへやってきた、ということのようだ。

しかしバリ暮らしも長い・・ということもあって、案外インドのカルチャーにもさほど違和感なく溶け込んでいる感じでもあり「裸足」も平気なようで、29日夜ご案内したギリプラダクシナでも足裏のダメージよりも後遺症による足腰の痛みや不具合の方を心配されていて、

「痛くなったら途中でリタイアする」ことを前提で歩き出したものの、先週のFさん同様に結局は特にスローダウンすることもなく、最後まで「裸足で完歩」しきった!!・・のはお見事であった。