以前の登戸名所紹介記事で紹介したことがありますが、登戸には二宮金次郎像があります。

三階建てのビルの玄関前に置かれており、おそらくはビルのオーナーさんが設置したものと思われますが、そのビルは長らく空きビルのままとなっており廃墟同然、記事はそういう内容でした。
その後の占いは、ビルのオーナーが変わったらしく、ビルはきれいに塗りなおされて、今はドラッグストアが入居しています。

さてそのドラッグストアを先日通りかかったら様子がおかしい、なんとその金次郎像がなくなっていました。正確に言うと、台座と右足首だけが残されていて、本体は壊れたために撤去されてしまったようです。

よく見ると、台座に隣接したビルの壁、土台部分もかけてひび割れがみられることから、なにか巨大なものが台座かビルに衝突して、像はその衝撃で壊れてしまったのではないかと思われます。写真手前は歩道ですから、トラックがうっかり突っ込んだりするような場所ではないのですが。